和歌山 再生インプラント・エイジングケア
tel:073-427-8275
クリニック紹介

治療の前に
7つの特徴
インプラント治療
料金案内
無料相談
再生医療
アンチエイジング

7つの特徴
HOME > 7つの特徴

インプラントの真実 信頼できるクリニック選びのポイント 院長インタビュー

    インプラントの真実 〜信頼できる歯科クリニックとは〜


インプラント治療は、歯を失った際に考える治療法の1つで、機能的にも審美的にも優れた外科治療です。当院では、院長である私の和歌山県立医科大学口腔外科・和歌山日赤医療センター麻酔科での経験などを生かし、「患者様の全身の健康を一番に考えたインプラント治療」を追求しています。

また、当院はチーム医療の意識を大切にしており、それぞれのスタッフが専門性を発揮し、協力して治療にあたっています。特にインプラント治療は外科手術を必要とするため、術前の治療計画を綿密に練ることや、術中・術後の患者様の全身管理をきちんと行うことが重要です。
当クリニックは内科も併設しており全身管理もスムーズに連携が可能です。
スタッフそれぞれが患者様の気持ちに寄り添い、精神的にも肉体的にも負担の少ない治療を目指しています。

 インプラントのメリット

1.よく噛める

インプラントの噛む力は、天然の歯と同じです。硬い食べ物も、何の問題もなく噛めます。

2.天然歯を守る

インプラントはそれ自身がよく仕事をする(噛むという仕事)ので、周りの歯の負担を大幅に減らす。その為、天然歯を守ることになります。(ブリッジの場合、両隣の歯に負担がかかる。)

3.ブリッジのように、両サイドの歯を削る必要がない

インプラントの最大の利点(メリット)は、ブリッジのように両サイドの歯を削る必要がないということで、インプラントの両隣の歯を痛めることなく、治療できます。歯を削らないで済むということは、歯の寿命が大幅に伸びることを意味します。 このメリットはすごく大きいです。

4.入れ歯のように、バネがかかった歯が傷まない

入れ歯をすると、それを支えるために、天然の歯にバネをひっかけます。バネのかかった歯は数年でだめになり、抜かなくてはいかなくなることが多いです。それを繰り返していると、どんどん自分の歯が減っていき、総入れ歯に近づきます。インプラントはこの流れを断ち切ります。

5.取り外しの入れ歯のようなわずらわしさがない

取り外しの入れ歯は、手入れも煩雑で、違和感もあり、噛む力もあまりでませんが、インプラントはご自分の歯と全く同じような感覚で噛め、わずらわしさはありません。

6.噛むことが、脳細胞を刺激する

よく噛むことは、脳に明らかな刺激を与え、思考力を増し、脳細胞の活性化につながることが、医学的に証明されてます。また、ラットの実験では、よく噛むラットの方がストレスに対する抵抗性も強いことがわかっています。

7.精神的に満足度が高い

入れ歯を入れること自体がいやとおっしゃる方はたくさんおられます。入れ歯をいれることにより、ふけた感じがしたり、自分自身が老いてゆくようなイメージを持たれるようです。インプラントはもう一度永久歯が生えてくるのと同じですので、そのイメージの逆であると言えます。

8. 若返る(アンチエイジング)

インプラントはチタンからできております。チタンは体の中で、活性水素を発生し、老化を促進させる活性酸素から守ります。また、よく噛めることにより、唾液中のパロチンという若返りホルモンも多く分泌されるようになります。さらに、精神的にいい状態になりますので、脳にいい感覚を与え、心身ともに若返ります。

9. 笑顔が増えます

食事をすることが、楽しくなり、ご家族、ご友人との会話が楽しくなります。毎日の生活も活気が出て、人生が楽しく前向きになります。

10. 長生きにつながる

精神的にいい状態になり、笑顔が増えますので、NK細胞が活性化されます。 NK細胞は、でき始めのガン細胞をやっつけます。また、病気にもなりにくくなり、長生きにつながります。「病は気から」は医学的にエビデンスを持って証明されています。

さらに、インプラントには、他の側面から見てもいい面がたくさんあります。それらをご説明します。

機能面

インプラントは、もう一度、ご自分の歯が生えてくるのと同じなので、非常によく噛めます。硬いものも噛めますし、入れ歯のように、取り外しも面倒でなく、ほんとにご自分の歯と同じように噛めます。

精神面

インプラントをすることにより、よく噛めるようになります。その為、食事が楽しくなります。特に、ご家族やご友人との食事中に会話がはずみ、人生そのものも、楽しくなります。 また、入れ歯をいれること自体がいやとか、老けたとか感じられる方にとっては、インプラントが精神的にも大きくプラスになります。

健康面

インプラントをすると、よく噛めるようになります。よく噛めることが、全身の健康に大きく貢献します。具体的に説明します。
  1. 脳細胞を活性化する。噛む刺激は、明らかに脳細胞にいい刺激を与えます。脳の老化の防止はもちろん、頭の回転のよさにもつながります。
  2. よく噛むことにより、唾液が多く出る。唾液はたくさんのパワーを持っています。まず、食物を唾液と混ぜることにより、消化能力があがる。また、発ガン物質などを解毒する。さらに、虫歯菌をやっつけたり、食後に酸性になったお口の中を中性に戻す役目もあります。唾液の中には、パロチンという、若返りのホルモンも含まれていますので、若返りにも役に立ちます。
  3. 噛む力が強い人の方が、足腰も強い。このことは、スポーツ医学でも証明されています。
  4. インプラントを含めて、歯の数が多い人の方が平均寿命が長い。大学の疫学調査でも明らかになっています。

 インプラントの欠点

所詮、インプラントは機能回復のための人工物です。生体にとっては異物そのものです。そのため、欠点をよく理解して治療を行うことが大切です。

インプラント治療の欠点その1

外科手術である故のリスク
なんといっても、手術をしなければならない事はもっとも大きな欠点といえます。他の方法では歯を扱うだけですが、手術をすれば顎の歯肉ばかりか骨にも手をつけなければなりません。すると今迄は隠れていてなんの問題も無かった神経や血管や鼻や目などに障害を起す危険が生れてきますし、歯肉を開いて骨を削れば、腫れや出血、果ては全身にまで細菌等が感染して合併症が出てしまう危険もあります。

インプラント治療の欠点その2

全身疾患があると手術ができない
この治療を希望しても、この治療を行なえない患者さんがいるということです。 インプラントというのは外科手術ですので、糖尿病や肝炎、心臓に問題を抱えていたり、ぜんそくを持っている、高血圧、また妊娠しているなど手術に危険が伴うと判断される場合、インプラントを行なえない場合があります。これらの病気はインプラント治療だけに限らず、他の治療をする場合にも必要な情報となります。

インプラント治療の欠点その3

長い期間がかかる
他の治療方法に比べて、期間が多くかかります。 歯の根に当たるインプラントが骨にくっつくまで、早くても6週間は待たなければなりません。あごの骨の状態が悪いとさらに3ヶ月間待たなくてはならないときもあります。さらに、歯の抜けた状態が悪いときには、始めるまでに何ヶ月も待ったり、あるいは、あごの骨を強化する治療を済ませてからでないと、インプラント治療がはじめることさえできない場合もあります。例えば、入れ歯なら、早いと一週間くらいで出来ます。 ブリッジでも早いと10日くらいです。 こういった従来の方法と比べて、期間がとてもかかることは、欠点といえます。

インプラント治療の欠点その4

お金がかかる
インプラントは治療費用も、他の方法比べて安くはありません。 他の方法ならば、健康保険で行うこともできますから、その場合非常に安くできます。

インプラント治療の欠点その5

歯根膜がない
歯根膜は触覚、痛覚、温覚、圧覚などを感知し強く噛みすぎるのを防ぎます。しかし、人工歯根には歯根膜の機能は付いていませんので、強く噛みすぎるということが起こることがあります。また、歯根膜がないため自分の歯に比べると噛んだときの感じが違います。 さらに、人工歯根の周囲が細菌感染をしても、血液供給が少ないため、炎症に対する防御が弱くなります。この歯根膜がないことによるトラブルが多いのです。

インプラント治療の欠点その6

メンテナンスし続けなければならい
インプラントには、歯根膜がなく、血液供給が天然歯より少ないため、感染防御機構が弱く、治療後のメンテナンスが絶対に必要です。そのため、メンテナンスに問題があるような人は、インプラント治療は避けたほうが良いでしょう。

インプラント治療の欠点その7

金属アレルギーの可能性がある
インプラント治療に使用させる材質は、現在、純チタンかチタン合金が主流となっています。これらの材質は、医科の手術でも一般的に使用されており、生体との親和性が高いため、チタンによるアレルギーはほとんど無いと言われています。また、現時点の臨床結果では安全だとされています。 しかし、一般的には安全だとされていますが、人体にとっては異物である為、場合によっては、アレルギー反応を示す人も中にはいます。その場合には、当然のことながら、治療を受けることは出来ません。

インプラント治療の欠点その8

治療が複雑になる
歯の形だけではなく、根から作れるので、自由度が高くなると同時にとても治療が複雑になります。 ですから、診断と計画を入念に練り上げ、治療も細心の注意を払って正確にしなければなりません。 当然、衛生的な環境でとくに清潔に行わなければなりません。

インプラント治療の欠点その9

インプラントの隣の歯がダメになったら、またインプラント
インプラントの隣の歯が、抜歯になってしまうと、そこは、インプラントを埋入するしか、治療法はありません。なぜなら、インプラントと天然歯を連結することは基本的にはできないからです。また、入れ歯の留め金をインプラントにかけることは危険です。それは、インプラントは側方力に弱いからです。 インプラント治療後の隣在歯の再治療は、インプラントしかないことが、インプラントの最大の欠点かもしれません。
▲ページトップ

    インプラント治療で信頼できるクリニック選びのポイント

・経験豊富な外科処置に長けた医師が在籍し、長年にわたるインプラント実績を有している。
・歯科用CT・手術室など設備が整っている。
・インプラントの長所ばかりではなく、短所もきちんと説明してくれる。
・メンテナンスをきちんとしてくれ、保証制度も充実している。
▲ページトップ

    院長インタビュー


「デメリット」まで理解したうえで、治療に臨んでいただきたい

歯を失ってしまった際の治療として、インプラントはとても魅力的なメリットがあります。しかし、そのメリットばかりに目が行きがちで、デメリットを理解せず治療に臨まれる方が少なくありません。

そのため、患者さまには、事前の説明・カウンセリングでデメリットについても詳しくお伝えしています。そして、メンテナンスの重要性もお伝えするので、理解・納得していただいたうえで治療を受けていただきたいと思います。

これまでに「治療が難しい」と判断された方でも、できる可能性がありますので、まずはご相談ください。十分に診査・診断を行ったうえで治療を進めていきます。

松平先生は、インプラント治療を得意とされていますが、なぜ力を入れて学ばれたのでしょうか?

私は大学病院に残って歯科口腔外科について深く学び、日本口腔外科学会認定の口腔外科専門医の資格を取得しました。その資格を十分に活かせる治療として、インプラントに力を入れています。

インプラント治療は外科的手術療法を伴います。外科処置に必要な知識を十分に培っていることはもちろん、治療のためのトレーニングも多く積んできました。手術だけでなく、骨造成などに関する研鑽も十分に行ってきましたので、患者さまの症状に適した治療法を提供することも可能です。

もちろん、すべての方にインプラントが適しているというわけではありません。その判断をするために必要な知識も十分有しています。当院は医科と連携しながら行っていますので、きちんと診査・診断をしたうえでより良い治療法を提案いたします。

インプラント治療は診査・診断が重要になると思いますが、その過程でインプラント治療をおこなわないと診断される場合もあるのでしょうか?

お口の状態によってできない場合はもちろん、患者さまのメンタル面なども考慮して治療をしないと判断することがあります。インプラントはあくまでもお口の機能を取り戻すリハビリテーションの一環だと考えています。そのため、ただ入れて終わりではなく、その後医療従事者と患者さまが協力していくことが大切です。

当院では、治療を希望される方のお口の確認だけでなく、医科と連携してメディカルチェックやメンタルチェックまで事前に行います。その方に関する情報を多くお取りしたうえで、本当にインプラントが何よりも良い選択肢なのかを判断していきます。場合によっては、義歯の方がその方に適していることもあるので、診査・診断をとても重視しています。

メディカルチェックのお話が出てきましたが、医科歯科連携について詳しく教えて下さい。

歯科の分野から医科歯科連携のメリットを考えると、インプラント手術前のメディカルチェックや手術時の静脈内鎮静に伴うリスクを回避することができるということがあります。歯科口腔外科分野の疾患における診断・治療につながる血液検査、抗生剤や栄養などの点滴もスムーズに実施することが可能です。

また、医科の分野からしても、抗がん剤や放射線治療による口内炎の改善や予防、さらに脳卒中における摂食嚥下障害に対する作用など、多くの面で連携することのメリットがあります。

インプラント治療を検討されている方に知ってほしいことはありますか?

インプラント治療は「きちんと噛めるようになる」「自然な見た目に仕上がる」など、メリットに注目されがちです。しかし、患者さまにはデメリットについてこそ、十分に理解していただきたいと思います。

例えば、一度手術をすればその状態をいつまでも維持できるとお考えの方がいらっしゃいますが、メンテナンスを怠ると逆にお口の環境を損なってしまいます。周辺の歯茎が炎症を起こしてしまうインプラント周囲炎を発症させると、インプラントが抜け落ちるだけでなく、痛みも伴いかねません。

そのため患者さまには、事前のカウンセリングでデメリットとメンテナンスの重要性について、時間をかけて説明するようにしました。もし内容を理解していただけない場合には、治療をお断りさせていただくこともあります。デメリットに関しても十分に理解・納得したうえで、治療に臨んでいただきたいと考えています。

先生が考える「歯」とは?

あくまでもインプラントは人工物ですので、生まれ持った天然の歯には勝てません。特に、噛み心地という点で天然の歯に劣ってしまいます。天然歯の場合、歯根膜という噛み心地を司る膜がありますが、インプラントにはそれがありません。そのため、天然歯のような噛み心地を再現することはできません。

歯を失ってしまった場合の治療としてインプラントはとても魅力的ですが、まずはご自身の歯を維持することに取り組んでいただきたいと思います。それでも歯を失ってしまった際には、患者さまの生活の質を高めるためにも、インプラント治療でサポートしていきたいと考えています。

▲ページトップ


監修 松平・畠 医科歯科クリニック



HOME治療の前にスタッフ紹介7つの特徴インプラント治療料金案内無料相談再生医療抗加齢医学クリニック紹介

和歌山 再生インプラント・エイジングケア

監修 松平・畠 医科歯科クリニック
〒640-8135 和歌山県和歌山市鷹匠町1-60 TEL/073-427-8275

Copyright Matsuhira Implant All rights reserved.