和歌山 再生インプラント・エイジングケア
tel:073-427-8275
クリニック紹介

治療の前に
7つの特徴
インプラント治療
料金案内
無料相談
再生医療
アンチエイジング

静脈内鎮静法とは
HOME > 静脈内鎮静法とは

    静脈内鎮静法とは

歯科恐怖症の方や一度に複数歯の治療を希望される方には、手術中の痛みや緊張を和らげる静脈内鎮静法を行っています。インプラント治療は外科処置を必要とするため、治療に伴う痛みなどに不安を抱えている方が少なくありません。そのような方でも治療が受けやすくなっています。

静脈内鎮静法とは、気分がリラックスさせる作用のある点滴薬を使用して、患者さまの不安や緊張を和らげるというものです。全身麻酔のように意識がなくなるということはなく、うたた寝したような感覚になります。歯科麻酔科の歯科医師が患者さまの全身状態を詳細にモニタリングしながら、よりリラックスしやすい状態にしていきます。

治療を終えて10〜15分ほどで麻酔前の状態に戻ります。治療後少し休んでいただいてから帰宅していただけるよう配慮しています。多少ふらつくことがありますので、静脈内鎮静法を希望される方は、手術当日、自転車やお車での来院は控えてください。




監修 松平・畠 医科歯科クリニック



HOME治療の前にスタッフ紹介7つの特徴インプラント治療料金案内無料相談再生医療抗加齢医学クリニック紹介

和歌山 再生インプラント・エイジングケア

監修 松平・畠 医科歯科クリニック
〒640-8135 和歌山県和歌山市鷹匠町1-60 TEL/073-427-8275

Copyright Matsuhira Implant All rights reserved.